海外駐在が決まりました。

振り返ってみると

 

2009年に社会人になってから、数えてみれば、この春で10年目を迎える。

長かったな〜。

上司や先輩の話を聞くときには、キャリアの10年なんてのはサラッと過ごしてきたように聞き流してきたけど。自分事だと思って振り返ると、結構なボリュームがありますね。ここらでいっぺん振り返ってみよう。私生活も入れると駄々長くなるので、あえて会社の部分だけ。

新卒での期待を全て裏切られる編

新卒で選んだのが素材メーカーの事務屋。BtoBビジネスなのでプライドも傷付けられず、少人数採用でマッタリとそれなりの給料貰って過ごしたるわい!という高い意識により選んだ。高校で英語に注力するコースに所属し大学でも英国に留学していたりと、海外で働くことへのあこがれをぐつぐつ醸成していたこともあり、その辺のあこがれもあった。

ところが実際に配属されたのは、子会社の製薬メーカーの国内営業。学生が抱いていたBtoBのイメージとは程遠いDoctorやスタッフ、薬品商社とのベタな営業が待っていた。英語なんて使う機会は、殆どなかった。そこで好き勝手にDARADARAとさせていただき、数年後にある海外事業の立ち上げを行う部署(本社)に帰任。

ようやく当初描いていたマッタリでそこそこの給料がもらえる生活に…と思ったら、その海外事業の立ち上げが大コケ。給与賞与カット、経費削減の嵐。このちょっとくらい前から、経営についての興味がようやく芽生えはじめ、勉強をしたりして「まったりも悪くないが、バリバリ働くのもKOOLかもしれねえ」と考え始めた矢先だったが、経営へのインパクトが大きいせいか若手に任せてもらえるような仕事はそうそうなく、いくつか嗅ぎ回って毟り取った案件も前向きなものはあまりなかった。経費削減のため、勉強を兼ねたような出張(国内、海外ともに)をさせてもらえるような余地もなく、なんだかブルーな毎日。

転職する編

そんな毎日で30歳の手前のころ、会社の経営状態も悪化の一途。このままここに留まるとマッタリやバリバリとか考える前にオマンマの食い上げになり兼ねないと、転職を決意。「海外」「経営に近い」ということで探していたら、電子部品メーカーの海外事業部での企画職にありついた。ここまで勤務地は全て東京・・と書いたのは、この職について1年半で関西地区への転勤が決まったからである。おお、まさかね。国内での転勤はほぼないよと言っていたよね。でもよその事業部と合併したからね、しょうがないよね…。

こういうと文句たらたらなのかと思われるかもしれませんが、あしかけ3年目の感想としては「ありがたや」です。基本的にはぬる燗を錫合金でできた徳利にいれたような環境ですが、バリバリやりたければやらせてくれる。別に進歩的な人々が集まった会社というわけでもないので、各論ではいろいろ引っかかるところはあれども総論としてはやはり「ありがたや」。何より尖った人、几帳面な人、後ろ向きな人、勢いのある人など色々なメンツがいて、初めて?社会人としての自分を見直すことが出来たのが良かった。自分が結構適当なところがあるとか、LAZYな側面出ちゃうとか、怒りっぽいところとか、自分の特性が結構見えてきた。

 

で10年目 

まあタイトルでネタバレしているんですが、来年の春から海外駐在が決まった。念願の、というほど途切れず恋い焦がれてきたわけではないが、ずっと心のなかでデカめのしこりとしてあったものが、ようやくほぐれそう。国はインドネシア。数年ほど行くことになりそう。自分の常として、叶ったら叶ったでいろいろ不満やワガママが出て来るであろうことは目に見えているけど、今はただじんわりと嬉しい。

 

 

 

 

 

 

異動!

  • この四月から、今までの東京勤務から京都に異動することになった。家族も帯同のため、チョウナンチョウジョを合わせ4人の人生が大きく?変わることになる。考えてみれば妙な巡り合わせで、今の会社に入らなければ当然この異動はなかった。転職後1年半で国内で動かされることはなかろうと思っていたが、組織再編のため、「まさか」が起きた。

 

  • そして前の会社から転職しようと思ったのは、自分のいた海外事業企画部が全社に影響を与えるような損失を出して、自分のキャリアや、直接的には生涯賃金に不安を覚えたから。今の会社に入ったのは、その時に取得した診断士を活かす仕事(経営戦略)がしたかったから。

 

  • 更に遡ると、キャリアに不安がある中で診断士を取得したのは、上司から社会人の基礎・土台を作るために勧められたからである(今でも同行中に、首都高を社用車で走りながら勧められたことを覚えている…)。勧められなければ、おそらく「診断士」はスコープにすら入らなかった。

 

  • バタフライ効果なのか、風が吹けば桶屋が儲かるなのか、こじつけかもしれないが、あの日、あの上司と同行して、あの会話をしていなければ、京都で働くこともなかっただろう。この異動が吉と出るか凶と出るかまだ分からないが、せめて今後の選択肢を自ら狭めることのないよう動いていこう。

 

 f:id:shunhajp:20170404072159j:image

 

  • …書いていて思ったけど、明確なキャリアなりライフプランがあれば、それにそって邁進するんだろうね。その方が注ぎ込む資源も集中できるしね…。

はや一年

早いもので、転職してもう一年が経った。いつまでもnewbieのつもりではいけないとは、中途入社だけに常々意識していたつもりではあったが…。初めて経験することも多く、ここ数年の感覚と比べても信じられないペースで一年が過ぎた。

やりきったことを考えると、ぞんがい少ない。やはりプロジェクトとしてぶち上げないと、周囲の巻き込みも自分のモチベーションも持続しないことが分かった。

・事業部白書

・二輪世界戦略

得られたスキルは、ぼちぼち。エクセルは人並みに使えるようになった。word等も。ただしプロマネのスキルが足りない。仕事を完遂できない。あゝ。まだ多少は買いかぶってもらえている部分もあり、今のうちにキャッチアップしておきたいところではある。

マルチタスク 苦手

今週、二日間連続で社外セミナー講師。諸事情あり、カリキュラムが確定したのが先週末…。やるしかない。

そして、同時に今週、社内でTOEICを受験しなくてはならない。最後に受けたのは、もう7年前になるか。

これらのタスクに自分がどれくらい時間をかければ、どれくらいのアウトプットが出来るか分かってない。なのでとにかく全力投球したくなってしまう。いろいろ経験すれば、大体のところがつかめてマルチタスクな人間になれるのだろうか…。

Do the 診断士活動

ガイダンスフォロー

中小企業診断士として…というより、診断士講座の受験生(かつ合格者)として、資格学校から依頼されることが幾つかある。

合格体験記の執筆であったり、対談であったり、講座の運営だったりとその内容は様々だが、そのうちの一つに診断士講座の説明会でのフォローがある。これがなかなか面白い。

 

どういうものかと言うと、まず講師や事務局が、校内で資格の魅力やオススメの講座やそのキャンペーンの説明会を行なう。その後、運営側には属さない「中立」の立場として参加者の質問に答えていく。これの何がいいかと言うと

 

  1. 企業内診断士にとって貴重な登壇?機会
  2. 開催時間が終業後(社会人向けのため)で参加しやすい
  3. 周囲が診断士に期待するものが分かる

 

という3点なのである。

特に3つ目の「周囲が診断士に期待するものが分かる」と言うのは、案外得難い経験である。と言うのも、企業内診断士だとなかなか「私は診断士でござい」という顔はできない。何度も言えばしつこいし、そもそも向こうもこちらの力量は大体分かっている訳である。それを超えた要求はそうそうしてこない。度を超えた期待を受けたとしても、社内だとそれに応えなければならない(そして、ボロが出る)。

それが社外の説明会であれば、こちらのパーソナルスキルの予備知識なしの、「診断士への期待」が聞ける。

  • 財務三表を見て、経営課題が分かるようになる?
  • 経営戦略を立てられるようになる?
  • 独立できる?

この辺りがよく尋ねられ、かつ答えが「人による」になる質問だけど、診断士という士業に何を期待しているのかシンプルにわかる。これをどう活かしていくのかはそれぞれだけど、「診断士」というカテゴライズに対してのマーケティングとしては、説明会フォローはなかなか面白いのは間違いない。資格は取ったがその後のモチベーションを失っている方、自分の需要がどこにあるか模索している方、もし学校を利用した学習をされていれば一度検討してみてはいかがでしょう。

企業研修

中小企業診断士をとってから、様々なご縁があり、気付けば他社で社員研修をやらせてもらうようなことになっていた。今日もとある企業で、若手向けの研修(二日間)に講師として出向く。

 

と言っても、今までの職種とまったく異なるところで、自分が講師に向いてるとか向いてないとか判断できるステージですらない。しかもスポット的にアサインしてもらっているだけなので、今後どうなるかも分からない。

 

資格を取ってから、こうなるべく動き、人に会い、努力もしたつもりではあるが、今こうして講師として研修会場に向かう自分を俯瞰すると不思議な気持ちになる。

 

不確定要素はたくさんあるけど、悪い気分ではないですね。

中小企業診断士 筆記試験やったこと

①講座:TAC 二次対策講座

通常のコース+事例Ⅳ特訓(オプション講義)

模試を解き、解説、の流れ。タイムマネジメントを意識できたこと、講師からのフィードバックがあったことが有意義だった。解答の発表がない試験なので、真偽はともかく、ある程度の採点基準を持ってスコアをつけてもらえることがやる気にもなる。ただし公開模試では2800人中、順位が2000人でD判定だったのでどうしよかと思った。テキストは頻出範囲の知識の総ざらいができるので、マイノートを作るときに役立った。

 

 

②勉強会:TAC講座の受験生、5人くらいで週2でファミレスで。

まず汎用性が高いという噂の事例Ⅲ(事例Ⅰの書き味にも似ているらしい)を5年分、各々解く。

本文の対応箇所と、その理由。文章構成など比較。

事例Ⅰでも同様に5年分ほど行う。

事例Ⅱについては、抜粋が多いことから後回し。2年分ほどしかやらなかった。

事例Ⅳは個人でやるほうがいいだろうと会では触れず。

 

各事例に沿ったテーマ(Ⅰなら人事・組織、Ⅱならマーケなど)を意識すること、自分の解釈が思った以上に他人とずれることがあることなど、徹底的に意識させられた。また週2で行うことで、過去問をとにかくやらなければならないという、いい圧力になった。

 

③勉強会その2

某講師が独自に呼びかけ、毎週行っていた勉強会にも参加。

非常に人気があり、毎回80人近くは参加者がいた。チームに別れ、事例ごと、問題タイプごとに

カテゴリ分けして、各々の解答を持ち回りで説明していく形式。

講師が独自路線を行くタイプで、勉強会その1とはまた異なるアプローチが多かったので、

解法の違いを意識する、また問題を解く圧力という意味でもいい刺激になった。

ただベテラン受験生が、解法というかスキームの上っ面だけマスターし、周りを閉口させるというチームもあったよう。ファンが多い講師だけにそういった当たり外れもあるということを認識しておく必要がある。

 

 

以上。全て予備校を軸に行ったものばかり。とにかく自分にやさしいタイプである僕は、こういう形から入るタイプでなければ、楽な方へ楽な方へと流れることは自明の理だった。その道をどんどん潰してやらざるを得ない方向へもっていけたのが成功要因かと思う。元にこの3つ以外で自主的に過去問を問いたり、一次試験の知識の補充などはほとんど行っていない。事例Ⅰは25〜21年、事例Ⅱは25、24年、事例Ⅲは25〜21年、事例Ⅳは25,24年だけ解いた。複数回解いたものもある。また、講義でやる模試は過去問の形式を踏襲しているので、知らず知らずのうちに触れているのかもしれない。

とにかく「場」を作ることに終始した。勉強会を主催したり、積極的に参加したり、手伝いをしたり。そうすることで否が応でも巻き込まれていき、当事者感をつのらせ、自分を退っ引きならないところへ追い込むことができた。これは案外、大事なことかも。いろんな人がいろんな才能を持ち合わせている中で、自分には大したものがなくても、それらを集合させるちょっとしたきっかけくらいなら、自分も作ることができる。そんなことをしみじみ思いました。