言語学者が決める、世界一翻訳が難しい単語はコンゴの「ilunga」

X51.ORG : 世界で最も翻訳が難しい単語はコンゴの「ilunga」

この「ilunga」は「一度目はどんな悪口でも許し、二度目には我慢し、三度目は決して許さない人物」を意味するという。

誰だよw
三位に関西弁の「なあ」が「誰かに同調するか、あるいは発言を強調する際に用いられる言葉」としてランクインしているのも見逃せない。