二次試験当日

  • はてさて、とうとう二次試験当日となった。二時間後には問題用紙に向かっているはず。事例4つ。

過去問は一通り当たったが、正に通っただけで、しっかりと踏みしめてはいない気もする。しかし去年の8月から、ずうっと準備をしていた、集大成が今日。4連発、ラッキーパンチでもいい。当たれ!

積み重ねた…と言えればいいが、この試験は模範解答も、採点基準も発表されない。自分が歩いて来た道が正しいかどうかが、受かったかどうかでしか判別できない。受からなければ、一次にどんな点で合格してようが、どんな素晴らしい勉強法を使っていようが、評価はされない。


  • 自分が落とすとしたら、こんな要因かな?というのを考えてみた。

Ⅰ:組織(人事)のニュアンスを出しきれず、論点ずれて失点
Ⅱ:本文根拠の対応付け、ズれて玉突き事故
Ⅲ:時間が足りず、空欄作り失点
Ⅳ:与件を見逃し、簡単な計算ミス。もしくは時間不足、まったくやったことのない問題用紙で書けず。


  • 自分の性格上、リラックスは意識してできないのは分かっている。
 緊張感が消えないことに焦ってテンパれば、普段のプロセスも吹っ飛ぶだろう。まー緊張はするものだ!と構えて、「はじめてください」の声にも慌てず、悠々とページをめくりたいものだ。それではそろそろ、行ってきます。

中小企業診断士 二次試験

一次試験の合格通知が、無事届いた。

自己採点で確認していたとはいえ、ホッとする。この時点では何の資格を得るわけでもないのだが、「一次試験合格通知書」はなぜか小綺麗なA4判、縁取りの紙で来た。試験へのコミットメントを高めるためか?はたまた二次試験を受けずに、養成過程へ進むブルジョア達への花向けか?


しかし、自分はそれどころではなく事例問題。とにかく事例問題。Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳと来て事例問題。

現時点でこなした問題量

  • TAC演習を各事例ごとに2周
  • TAC公開模試、受験済み
  • 過去問Ⅰ、Ⅱを2年分咀嚼
咀嚼方法
  • 演習→講義。復習は講師レジュメ
  • 模試→自己採点、勉強会で事例Ⅰ
  • 過去問→勉強会で要求など検討
事例Ⅳに関して、ブレイクスルーがまだまったくない。時間をかけてやりたいが、他の事例の復習予習に追われる。事例Ⅳは解釈の余地が少なめで、個別学習中心のため、調整弁に使われがち。やばい。

f:id:shunhajp:20140916230310j:plain

あせっているうちに、夏が終わった!

二次対策講座スタート

一次試験がどうやら合格圏内ということで、どうも気が抜けてしまっていた。お盆休みが直後にあったこともあり、ぼんやりと無為に過ごすことが出来た。

試験勉強に取り掛かるまでは、時間があるのが当たり前であり、何の有り難みも感じていなかった。当然特にそこから何を得るでもない。

ところがこの一週間は、一次用勉強用に何を持って行こうか、とか、買い物に行きたいけど、その時間を経済の復習に当てたい…などを考えなくて済むことが、とてもうれしかった。

そう考えると、幸せって一体なんだろう…と感じる。

そんな怠惰で幸せな時間も、一週間で終わった。今週からはバリバリ二次対策。とりあえず受けた感想としては、さっぱり意味が分からない!ただ、大学受験の時、国語で記述問題があったが、あの対応方法と非常に似通っていた。課題は山積み。しかしここで受からなければ、一次合格も、不合格も同じようなもん。頑張ります。

プチ断食(ファースティング)やってみた

と言ってもやったのは、正月。下書きを発見したので、なんとなく勿体無くアップ(貧乏性)。




プチ断食(ファースティング)やってみた


お正月いかがお過ごしでしょうか。
私は御多分に洩れず、年末年始のハードな暴飲暴食。

昼間から、下手したら朝から好きなものを好きなだけ食べ、好きな酒を飲み…
家族が先に実家に帰省していたこともあり、ますます歯止めがかからず
まさに天国のような時間。
しかもヨメ実家でも、初孫効果もあったのか上げ膳据え膳の大盤振る舞い!
朝からビールを開け、運動といえばせいぜい凧揚げがマックス。


f:id:shunhajp:20140103192343j:plainf:id:shunhajp:20140103192406j:plainf:id:shunhajp:20140103192420j:plainf:id:shunhajp:20140103192504j:plain

そして1月2日に、一足早く新幹線で帰宅。
座席に身を沈めようとして、ふと気がつく。

「やけに腹が苦しい…」


ごちゃごちゃ書いててもしょうがないので、要は年末年始で激太りしたので
プチ断食レッツトライ!ということです。

前提条件


  • 28歳 172cm 82~84kg
  • 正月太りとか以前に太っている
  • 持病なし

やってみようと思ったきっかけ



「プチ断食」で探すと、やまほど胡散臭いブログがヒットしますが
大体どれもアフィリエイトか下手くそなステマばかり。
しかしその中にためしてガッテンデイリーポータルを発見!
まったくの偏見ですが、この二つは信じられるような気が…。


実践編


ちょこちょこ読み漁った結果

  • 始まりも終わりも、段階を経て普通食に戻す
  • 低血糖に気をつける
  • やりすぎると筋肉から分解される→2日程度に抑える
  • 水分をしっかり取る
  • タンパク質も取る
  • 無理しない
ことが肝要らしい。


  • 1/2(初日)

朝 うどん
昼 チーザ(スナック)
夕 豆乳 100ml、チーズひとかけら

この日に思い立ったので、新幹線でスナックを食べてしまっていた。
缶ビールを開ける前に、気づいて良かったよ。
水分は1リットル近く。豆乳はタンパク質補給のため。

新幹線を降りたあとの駅前の、誘惑の凄さ!!
どうせ1人だし、煮込みで一杯やりてえなあ…と思いながらも振り切る。
喫茶店に入り、資格の勉強を4時間。水とお茶をやたら飲む。

帰途に、豆乳を買おうとコンビニに立ち寄る。
無意識のうちに、美味しそうな惣菜コーナーに引き寄せられる。
ローカロリーのものはないかな?豆腐やサラダならちょっとくらい…と揺らぐが
それでは断食の効果が測定できない!となんとか抑える。

帰宅して半身浴を三十分。
豆乳を飲み、あまりの口さみしさにチーズをひとかけら齧る。
ものすごい旨味に痺れた。

  • 1/3(2日目)
朝 豆乳、野菜ジュース 1:1を300mlほど
昼 ホットミルク、ゆで卵、塩麹スープ















一次試験

試験当日は日記を書く余裕がなかった。

  • 受験票忘れ!☞写真を取っていたため再発行がスムーズに
  • 二日目から鼻炎MAX☞鼻にティッシュ詰めて受験
  • 試験前週末は、出張☞移動中勉強できるかと思いきや、だれて寝た
  • 試験前々日まで、平日勉強できず☞前日は有給取り自習
  • Google発、スマホでできるリアル陣取りゲーム「イングレス」にハマって、2日前や当日もちょこちょこ歩き回って、陣地の拡大
  • とにかく自分や、自分の意志の強さみたいなものを信じてはいけないことを再認識。
自己採点



  1. 経済80点
  2. 財務64点
  3. 経営74点
  4. 運営55点
  5. 法務65点
  6. 情報60点
  7. 中小75点

473点
きた!
経済は易化傾向とのこと。完成答練前に全て知識がリセットされていて焦っていた割に、稼げた。
模試などの結果から、足を引っ張るだろうと思われた企業経営と中小が70オーバー。

一次前最終講義

中小企業経営政策の
一次前最終講義終了。
これで七科目全ての、
講義が終わったことになる。

答練や、模試が終わる度に打ち上げて来た教室メンバー。
今日もいつものチェーン居酒屋で、ひとまず今日までの苦労を労った。
先生から最後に
「ここだけはバカになって、ひと踏ん張りしてね。なんとなく、ここまででいいか…ではなく、やりきれ」
まさに。
ストイックに格好いいことをかけるほど、全力を尽くせて来たとはとても言えないけれども。
ここからは自分に甘いタイプを横に置いて、毎朝唱えてみる。

バカになって、もうひと踏ん張り。

戦績

現在の戦績。

①経営②財務③運営④経済⑤情報⑥法務⑦中小

養成答練 →492
①63②62③83④67⑤78⑥70⑦69

完成答練1→458
①51②76③75④39⑤85⑥68⑦64

完成答練2→418
①45②54③85④64⑤64⑥42⑦64

公開模試→421
①48②60③66④72⑤72⑥55⑦48


企業経営の伸び悩み。法務、中小の知識の不足。財務が思ってたより安定。経済、復調。

泣いても笑っても、1次試験まであと一ヶ月。